プログラミングを題材としたイベント型教育番組「GP LEAGUE プログラミングコロシアム」の放送開始

こんにちは。我孫子教室星野です。だんだん秋らしくなってきましたね。テレビ番組もそろそろ入替の季節。今回は「小学生参加型イベント新番組」の記事を見つけました。小学生三人一組となり、2つのチームがプログラミングに関連した複数種目にチャレンジする番組が10月から放送。4種目で対戦し今後は各都市を回り対戦してくようです。私が中高校生のころ(30年近く前ですが・・)TV放映していた「高校生クイズ」「ダンス甲子園」のような地区予選があり全国戦で勝ち抜きしていくイメージなのでしょうか。想像の域です。第1回放送分はすでに、柏市の「モラージュ柏」で公開録画された様です。対戦会場には、公開収録に来場した小学生を対象としたプログラミング体験ブースを設置しており、ロボットを使ったプログラミング学習キットである「アーテックロボ」や「PETS」などが無料で体験でき、究めた子ども達が対戦する場と、関心がある子供たちがロボなどをふれる機会を設けたイベントが今後展開され、プログラミングが最も身近になるようになっていくのだな。と痛感しました。

番組はBSフジと千葉テレビは2017年10月7日から、プログラミングを題材としたイベント型教育番組「GP LEAGUE プログラミングコロシアム」の放送を開始。番組は、千葉テレビ放送とフジテレビキッズが共同で制作。小学生3人一組でチームを作り、2つのチームがプログラミングに関連した複数の種目にチャレンジする様子を放送する。解説はYouTubeやニコニコ動画でゲームを実況している「赤石先生」が担当し、テレビとネット動画の連携番組になるか。

 放送は

 ・BSフジで10月7日(土)の午前6時55分から

 ・千葉テレビ放送で10月7日(土)の午後5時55分から

 以降毎週土曜日の同じ時間帯に放送。

対戦種目は次の4つ

(1)アルゴリズム対決:ブロック言語「プログル」を使ってアルゴリズム問題で競う

(2)スクラッチ対決:ブロック言語「スクラッチ」を使って総合的な知識と技を競う

(3)物理ロボット対決:ブロック言語「ティンカー」を使ってドローン問題で競う

(4)VR対決:サンドボックスゲーム「マインクラフト」を使ってチームで課題に挑戦する

GPリーグ 千葉シリーズ 第2戦は2017年10月1日に第1戦と同じモラージュ柏で開催するそうです。「スクラッチ」と「マイクラ」なら我孫子教室で出場したい子がいるかも。自らの目標の中で競うことが出来る子はいますが、チームワークと競い合うことは慣れていないかもしれないな。と生徒たちのことをふと考えました。柏で第1,2戦開催だったのか。全国先駆けで取り組みしている隣接柏市。千葉シリーズに続くシリーズ2も開催する方針で、11月上旬の参加者受付予定でどんな番組なのか関心があります。

※日経トレンディ―ネット「BSフジと千葉テレビがプログラミング番組を放送」を引用

Tech Kids Home Teacher 千葉我孫子教室

Tech Kids Home Teacherは、日本最大の小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」認定講師が運営するプログラミング教室です。現在4月からの新規入学生徒を募集中!体験授業も開催!

0コメント

  • 1000 / 1000